エレベーターリニューアルのESTEM。ESTEM(エステム)は商標です。

省コスト・短納期

停止期間を最小限にするスピーディーな工事期間

エステムでは、住民の方々がご利用いただけない期間を短くするために、エレベーターの工期短縮に取り組んでいます。また、工事スケジュール・時間はできる限り住民の方々のご要望に合わせています。

工期を短縮できる理由は、事前に入念な点検を行い、工期を最短にする設計書を作成しているからです。

エステム独自の工法

かご入れ替え時も全壊しないエコリニューアル工法

img_renewal_point

まだ使える部分はムダにせず、必要箇所だけを新品へ交換します。納期やコスト面においてエステムが大手メーカーと格段に違うのは、エレベータのリニューアル工事です。
大手の場合、全部を取り壊して新品を設置し直しますが、エステムはそうしません。どんなメーカーのエレベータも、まだ使える部分が必ずあるので、まずは各箇所の安全面の検証から入ります。
そして引き続き使える部分はそのまま、場合によっては補強して残し、かごや制御装置や巻上機などの必要箇所だけを入れ替えます。これがエステムのエコリニューアル工法です。
工事にムダがないため納期もコストも抑えることができ、しかも最新技術を駆使した高性能エレベータに生まれ変わるという画期的な工法なのです。

新品へと交換 / 取り壊さずに残す

エステムなら可能です!!
油圧式のままのエレベータ改修工事

乗用エレベータはロープ式が主流ですが、中には建築上の規制のために油圧式を採用しているビル・マンションもあります。
近年は、その規制をクリアする“機械室のない”エレベータが開発され、油圧式からロープ式へのリニューアルが可能となりました。
しかしその場合、莫大なコストがかかります。エステムは、もともと油圧式エレベータのメーカーとしてスタートした会社ですから、油圧式に関する技術ノウハウが豊富。
たとえば「油圧ユニット交換による延命措置」など、油圧式を維持したリニューアルを行うことで、省コストの改修工事が実現できます。

img_schedule

自社内一貫生産体制

品質と効率を追求した自社内一貫生産体制

img_flow

img_flow2

工事ごとに社内プロジェクトを編成
エステムでは、受注すると工事規模に応じてプロジェクトチームを組み、お客様のご要望にしっかりと応えられる体制を整えています。
プロジェクトメンバーは常に情報を共有し、何か問題が生じた場合でも迅速かつ的確な対応をとっているため、コストや納期に影響が及びません。
社内で各部署の進捗状況を確認しながら、効率よくプロジェクトを進めることができるため、経費や時間のムダを省くことができるのです。