築25年のリニューアルで、
これからの20年を
快適に暮らす

リニューアルの適正時期

老朽化したエレベーターは、安全性が低下することはもちろん、故障したときに交換が必要な部品の調達が困難になったり、修理のためにご利用いただけない期間が長期におよぶ可能性もあります。そのため、適切な時期のリニューアル工事をおすすめします。


エレベーターの耐用年数は25年とされています

エレベーターの法廷償却耐用年数(税法上)は17年です。公益社団法人ロングライフビル推進協会のLCC(ライフサイクルコスト)評価指針による計画耐用年数は25年とされています。ビルの寿命は約50年といわれていますから、その間に一度はエレベーターのリニューアル工事が必要です。

経年劣化は止まりません

エレベーター機器の経年劣化は避けられません。特に電気部品の接触不良、動作不良による故障が起きやすくなります。また、設置から20年を経過したエレベーターの主要部品はすでに作られていない場合もあり、修理に必要な部品の調達に手間取り、長期間エレベーターが使用できなくなる可能性もあります。

リニューアル後、製品の寿命が延び安全性や資産価値が向上します

経年劣化を解消するだけでなく、お使いのエレベーターで最新の安全性と機能を実現できます。これにより、エレベーターの寿命を延ばし、さらには建築物の資産価値の向上も期待できます。