エレベータ 消費電力

エレベータ 消費電力


エレベータ 消費電力でお探しの方へ。エレベータには乗用、荷物用、人荷用、自動車用の4種類があり、それぞれ床面積1㎡あたりの最低積載量が法律で定められています。設置の際には担当省庁への届け出が必要で、エレベータの用途と仕様が合っているか認可を受けなければいけません。

今あるものを有効活用して省コストをはかるエステム独自の工法は、エレベータの用途変更においても大いに有効であり、お客様の「コストを抑えたい」というご要望にしっかりお応えしています。

エレベータ 消費電力

エレベータ 消費電力に関連するかもしれませんが、荷物用エレベータを乗用エレベータに変更した建築会社様の案件では、できるだけコストを抑えられないかというご相談を受け、モーター等の駆動部分はそのまま活かし、かごのサイズ変更と制御盤の入れ替えのみを行うことをご提案しました。かごは新サイズのものに入れ替えるのが普通ですが、既存のかごに間仕切りをして小さくしただけなので、その分、大きなコスト削減ができました。

また、荷物用エレベータを人荷用エレベータに変更した案件では、変更するにあたって、なるべく乗員人数を多く、エレベータの速度を45m/分から60m/分にスピードアップしたいというのが先方のご要望でした。既存のモーターをそのまま使用し、3tの積載量のまま人荷用に変更するとなると、かごのサイズを小さくする必要があり、既存のかごに間仕切りをしてサイズ変更を行いました。エレベータ 消費電力でお探しの方も、参考にしてみて下さい。

エレベータ 消費電力

▲ エレベータ 消費電力